ウッズ下市ごきげんな日々
   奈良県吉野郡にありますウッズモータースポーツランド下市のブログです。 モトクロスにまつわる色々な情報発信します。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

ひらっぴー

Author:ひらっぴー
ウッズ下市管理人のひらっぴーです。 
普段は車屋さん&ハスクバーナ奈良です。 オフロードをエンジョイしましょう!

最近の記事

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 みんなで考えなければいけない事
ニュースで報道されていたのでご存じの方も多いかと思いますが・・

昨日、茨城県のコースで小2(65cc)と41歳(250cc)のライダーがジャンプの着地で接触、首や背骨を折る重傷を負ってしまいました。  二人の回復を待って警察が捜査するそうです。
 不幸にして怪我を負ってしまったお二人様、ご家族様には一刻も早い回復を願っております。
また、コース関係者の皆様、大変残念な事故で心労察します。 事故原因を究明し、安全対策を講じて楽しいコース再開を願っております。

 我々の愛好するモトクロス、他では味わえない楽しさの一方、少し間違えばこの様なリスクが存在するのが事実です。  これはモータースポーツだけでなく全てのスポーツに共通する事ですが。。
私も長年コース運営をさせていただいている中で、ヒヤリとする場面や、転倒、接触によるケガにも遭遇してきました。 今回の事故はまったく人事ではありません!

 その都度コース側としてやれる対策を考え、実行してきたつもりですが、まだまだ十分で無いのも現実です。
今回の事故を教訓として、「次の事故が起こる前に我々が今やれる対策は何なのか?」  考えていきたいと思います。
これはコース側だけで解決できる問題ではありません。 走行するライダー全員で考えるべき問題と思います。

事故原因として、「排気量の違うバイクが一緒に走行していたのが原因」では無いか? との憶測もあるようです。 

不幸な事故を少しでも減らしたいので、みなさんのアイデアをコメントにお寄せください。








スポンサーサイト

未分類 | 固定リンク | レス:11
(2013/05/20(月) 19:55)

<<防音壁完成!!  | ホーム | ベスコン情報!!>>

コメント
 
接触したときの状況が見えないのでなんともいえませんが‥‥

より安全にを考えると、排気量の違いによる危険性はあるかもしれませんね(x_x)
お互いの走行ラインが読めなかったり、ぶつかった時のダメージの受け方の違いとか
いやでも、ゴキモトでは排気量違うバイク同士のレースでも、安全に開催できていたことを考えると‥

抜き方、抜かれ方、譲り方とかのマナー、ルールの認識の徹底が必要なのかも(-_-;)
URL | ぴぐ #JalddpaA | 2013/05/20(月) 21:11 [ 編集 ]

 
ぴぐさん>コメントありがとうございます。

レースの時はクラスが分かれてて、フラッグマーシャルが各ジャンプにいるので安心ですよね。 ごきモトはラップタイムでのクラス分けが良いのか、比較的安全なレース(運動会^^)と思っています。

問題は今回の様な練習の時です。  時間分けをするとしても現在、下市では「速いクラス(85cc以上でwジャンプを安定して毎回飛べる)人」と「遅いクラス(50cc・65cc・初心者)で分けてますが、速いクラスでは85ccと250ccは一緒に走る場面もありますし、遅いクラスで50ccと初心者の250ccが一緒の場面もあります。  4~5クラスになりますが、完全に全部分けた方が良いんですかね? それはそれで現実的には・・・ですが。  みなさんどう思います?
URL | ひらっぴー #pxxjxOTw | 2013/05/20(月) 22:01 [ 編集 ]

 
行ったことないコースなので状況分かりませんが、ブラインドポイントを「無くす工夫」や手前のセクションからの「見せる工夫」は必要でしょうね。
「見せる工夫」としては「ブラインドポイントを確認できるポイント」を告知(このセクション通過時にジャンプ着地点周辺確認できます的な)するのも無駄ではないと思いますが…。
RP生駒はコース内に入る人には基本的な義務としてイエローフラッグを渡してますが、あれは良いと思います。
下市では置いてあるだけなので、持ってない人多いです。
義務にしないと持たないなんて寂しいことですね。
もっとみんな進んで持ってほしいです。
URL | もちP #- | 2013/05/20(月) 23:38 [ 編集 ]

  レベルによるクラス分け
レベルによるクラス分けが無難だと思います。私も子供にmxをさせてきた一人です。子供が走る時はコース脇に立ち注意を払っていました。(他の親御さんも)他人の目を当てにできない時は、マーシャルを走らせるのも一つだと思います。私達のホームコースは誰が管理している訳ではありませんが、私が通い始めて20数年間そのような事故はありません。自然とクラス分けが出来ます。また、上中級者、初級者キッズコース2つを作り混走しない様にしています。
URL | 石戸谷 #- | 2013/05/21(火) 08:30 [ 編集 ]

  座学
前後を確認してコースに入る、絶対に逆走はしない、ブラインドで転倒したら(転倒があったら)可能な限り後続に知らせる、遅いライダーを思いやる気持ちをもって走行する…。どれも当たり前のことだけど、その当たり前がなかなか理解できない(実行できない)のが初心者や子供たちだと思うんです。

ルールやマナーに関して、事前に最低限のレクチャーはあって然るべきだと思うし、このスポーツはそれ(座学みたいなのも)が少なすぎると感じています。
URL | kida@MXING #a2H6GHBU | 2013/05/21(火) 13:10 [ 編集 ]

 
もちPさん>イエローフラッグは、コースに入る人に誰かが渡してるんですか?  それぐらい強制しないとダメなんですかね~?!  全てのセクションにイエロー常駐が理想ですが・・・  事故が起きる前に対策したいですね。   
URL | ひらっぴー #pxxjxOTw | 2013/05/21(火) 21:12 [ 編集 ]

 
石戸谷さん>コース運営もされてるんですね☆ とても参考になります。 20年事故の無い素晴らしい運営、参考にさせていただきます。
 
私の管理するウッズ下市でも、オーバルコース・ミニコース・本コースと3つのコースがあります。  初心者の方はオーバル→ミニコース→本コース(時間分けアリ)って感じの順序を踏んで上達してもらえればなぁ~と。
それ自体は上手く機能していると思います。

ただ、レース前となるとKids50ccのライダーもレースが行われる本コースを走りたいでしょうし、それ以外の排気量、技量のライダーも精一杯練習したいでしょう。 
そのへんのクラス分けが非常に難しく、分ける基準を 年齢・排気量・速さ どれにするか迷います。。
 私としてはごきモトの実績から、速さ(ラップタイム)で分けれれば一番安全な気がします。
URL | ひらっぴー #pxxjxOTw | 2013/05/21(火) 21:25 [ 編集 ]

 
kidaさん>そうですね! 座学が無さ過ぎる気がします。  原付免許のテストみたいな常識問題をクリアしないとコースを走れないとかいいですね!  各フラッグの意味、アクシデント発生時の対処などなど

そんな取り組みも必要かもしれません
URL | ひらっぴー #pxxjxOTw | 2013/05/21(火) 21:29 [ 編集 ]

 
座学は私も必要だと思います。
私も始めたころはマナーとか全く分からず周囲の空気読むのに苦労しました。(未だに読めてない?)
とりあえずコースの受付証の裏にプリントするだけでも何も無いより良いかもと思います。

生駒のフラッグは受付で名前を記入して受け取ります。
持ってない人がコース内に入ると注意を受けます。
URL | もちP #- | 2013/05/22(水) 10:20 [ 編集 ]

  個人的な意見ですが、
起こるべくして起こった事故だと思います。
レベルによるクラス分けという方もいますが、やはりバイクの大きさで分けるのが良いかと思います。
いくら速い子だって250ccと65ccではラインが違います。
コーナーは速くても直線で追いついたり、ジャンプを飛ばれなくてひやっとしたケースも幾度となくあります。
そしてなにより親のマナーがなってません。
練習で無茶な走りをさせても当たり前のような感じです。
今回のような事故があれば当然親が出てきます。
親同士で話がつけられるように、やはり子供は子供同士で走らせるべきではないでしょうか。
そういう意味では年齢別ってのもありですかね。
なんにしても自分たちの首を絞めていくようなことは避けたいですね。
管理体制をしっかりするには人件費のためにコース使用料の値上げもやむなしってとこですか。
コース経営者同士で組合作ればよいんじゃないですか?
あまり現実的じゃないですかね?

URL | しん #- | 2013/05/24(金) 20:27 [ 編集 ]

 
もちPさん>配布物はいりますね~ ローカルルールは各コースで作るとして、 基本的なルールは全国統一がいいですね。 MFJにも相談してみようと思います。 

しんさん>クラス分けの方法は永遠の課題です。。
同じ排気量、年齢でも初心者と上級者は倍以上速さが違うので、おっしゃる事は解るのですが多分危険と思います。
 コース経営者同士の組合とまでは行かなくても、情報交換の場はあった方が良いと前から思ってます。  そのへんもまだまだ未成熟なんですよね~

URL | ひらっぴー #pxxjxOTw | 2013/05/24(金) 21:39 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

copyright © 2005 ウッズ下市ごきげんな日々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。